« 春の訪れ (27. FEB. 2011) | トップページ | 地震 »

山スキー中の事故防止?

本日(6. MAR. 2011)、所属山岳会の加盟団体の定期総会が開催され、hiroは代議員として出席してきました。

質疑の中で、『資料集掲載の事故報告一覧に、山スキーでの事故が目立つ様に感じられるがが、対策は?』 と、問いかけがありました。
(↑上記は、私hiroの受け取った感じなので、発言者様の真意とは異なっている可能性も充分あることを含み置きください)

私が考える対策としては、

  • スリップさせないシール登高の技術up
  • シール登高時にスリップした際の滑落停止(?)
  • スキー滑走時に大きな怪我をしない転び方
  • 転んだ状態でスピードコントロールの出来る停まり方
  • ビンディングの未開放、誤開放を防ぐ、道具のセッティング&メンテナンス

などが頭に浮かびました。

しかし、ボルダリングにたとえると『無理はするな、マットの上に足から落ちろ』と言う程度のことだな、これって。

|

« 春の訪れ (27. FEB. 2011) | トップページ | 地震 »

山など」カテゴリの記事

山スキー」カテゴリの記事

山岳事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 山スキー中の事故防止?:

« 春の訪れ (27. FEB. 2011) | トップページ | 地震 »