« おみやげありがとう | トップページ | 部活動(2) »

赤坂谷~ツメカリ谷(30. JUL. 2011)

本年の沢登り第2弾は、鈴鹿の赤坂谷からツメカリ谷へ行ってきました。

以前に来た時には、ちょっと高巻くつもりが、核心部をすべて巻いてしまったので、今回は気を付けました。


2011/7/30(土) 曇

石榑トンネルのおかげで、スムーズに滋賀県入り。

取水堰堤から少し下って赤坂谷(仙香谷)へ。

仙香谷_8m?5m?直瀑
8m?5m?直瀑

仙香谷_大釜8m斜滝
大釜8m斜滝。曇天なので泳ぐと寒そう、右岸から慎重にへつって、水流脇を登りました。

仙香谷_ゴルジュ帯最後の10m滝
ゴルジュ帯最後の10m滝。

鬼女谷出合、カシラコ谷(仙香谷左俣)出合をすぎると、

赤坂谷_ナメ滝
素晴らしいナメ滝が連続します。
17年前は、このナメ滝より手前で引き返していたことが判明。

赤坂谷_沢が開けてくる
傾斜が一気に落ち、沢が開けてきました。

このあたりから右手の枝沢に入り、尾根を乗っ越し、朴の木谷を経てツメカリ谷へ。
「鈴鹿の山と谷(西尾寿一)」によれば、ノゾキ峠(覗峠)というそうですが、今回通ったところは、それほど濃い踏み跡はなかったので、ベストルートではなかったのかもしれません。
しかし、赤坂谷からツメカリ谷まで35分程だったので、よしとしましょう。

ツメカリ谷は、天気がよければ、ドボン!と飛び込んで下れそうですが、今回はそんなことをすると寒さに震えそうなので、全て慎重にクライムダウン?しました。

愛知川(神崎川)を下る(Iさん撮影)
愛知川(神崎川)本流も、胸まで浸かるところはあったものの、泳がずに済ませました。

天気予報は良くなかったけれど、1日もってヤレヤレでした。

|

« おみやげありがとう | トップページ | 部活動(2) »

山など」カテゴリの記事

沢登り」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 赤坂谷~ツメカリ谷(30. JUL. 2011):

« おみやげありがとう | トップページ | 部活動(2) »