« チャオ御岳スキー場〜継子岳(13. APR. 2014) | トップページ | 藤内前尾根(25. MAY. 2014) »

立山山スキー(3-6. MAY. 2014)

2014/5/2 === 扇沢 C0 25:30

無料駐車場に停めれてラッキー。

2014/5/3 C0 7:30 === 室堂 9:10~10:00 --- 浄土山 11:55~12:10 --- 室堂 13:00~45 --- 雷鳥沢ヒュッテBH1 14:45

室堂で富山県の新要綱に沿った登山届けを提出して入山。
まずは、室堂から一ノ越側を登って浄土山へ。

P5032733_resize
浄土山にいたライチョウ。

最初は、浄土山を滑ったあとで山崎カールを滑ろう、と話していたのですが、ホワイトアウトで、それどころではなく、室堂経由で雷鳥沢ヒュッテへ。

P5032737_resize
夕方、一気にガスが去り、晴天となりました。

P5032739_resize
自分もそうですが、皆さん一斉に小屋を出て写真を撮りました。

2014/5/4 BH1 7:15 --- 真砂岳 10:20~11:00 --- BH 12:15~13:50 --- 雷鳥沢途中 14:30~50 --- BH2 15:30

大走りコースから真砂岳へ登りました。

P5042756_resize
ライチョウの足跡。

真砂岳からの滑降はカリカリのアイスバーンでシビアでした。
横滑りを多用してしのぎました。

BHで一日遅れで入山のメンバーと合流。
予定では、剣御前小屋まで登り、翌日剣沢を滑る予定でしたが、明日の天気が悪そうなので断念しました。
雷鳥沢下部を少し登り、一本滑りました

2014/5/5 BH2 = BH3 (沈殿)

P5052788_resize
雷鳥沢周辺を飛んでいた謎の鳥です。
猛禽類のように見えたのですが…

P5052793_resize
小屋の近くに現れたライチョウ。

2014/5/6 BH3 8:10 --- 一ノ越 10:30~ --- 東一ノ越 12:30~ --- 黒部平駅 14:20 === (帰宅)

雷鳥沢から一ノ越へは、ブル道の途中から斜上、トラバースするルートをとりました。
一ノ越から御山谷上部を少し滑った後、東一ノ越へ。
ここはツボ足でも行けそうでした、アイゼンを履きました。
東一ノ越からの斜面は、上部の急斜面はモナカ状態、中盤はデブリの横断が続き苦労しました。
最後は重めのザラメ雪のなか、黒部平駅へ滑り込みました。

  • 雷鳥沢から一ノ越へは、最初からブル道を使い、ぎりぎりまで行ってから、沢状を登った方が、より安全だったか?
  • 東一ノ越からは、完全にデブリの下まで行った方が、安全&所要時間の両面から良かった。

|

« チャオ御岳スキー場〜継子岳(13. APR. 2014) | トップページ | 藤内前尾根(25. MAY. 2014) »

生き物・自然」カテゴリの記事

山など」カテゴリの記事

山スキー」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 立山山スキー(3-6. MAY. 2014):

« チャオ御岳スキー場〜継子岳(13. APR. 2014) | トップページ | 藤内前尾根(25. MAY. 2014) »