« 焼岳(19. APR. 2015) | トップページ | おせわになりました »

薬師岳 山スキー(2-4. MAY. 2015)

北アルプス 飛越新道 - 薬師岳
3人パーティー

[2015/5/1] === 林道に駐車

飛越トンネルの約3km手前まで 車で入れました。

[2015/5/2] 駐車地点 7:00 --- 飛越トンネル --- 寺地山 --- 北ノ俣岳分岐 16:40~17:00 --- 太郎平小屋 18:00

この日は快晴でとても暑かったです。

P5024105_re

寺地山付近から北ノ俣岳が見えてきましたが、
「なんだか黒い…」
もっと真っ白な景色を想像していました。
稜線への最後の登りでは、シートラして夏道を歩きました。

P5024135_re

ようやくたどり着いた稜線から見た 太郎平小屋と薬師岳。
薬師岳西面も黒い…

[2015/5/3] 太郎平小屋 --- 避難小屋跡 --- 薬師岳 --- 東南尾根分岐 --- 薬師峠 --- 太郎平小屋

小屋からシールを付けて出発、薬師平の上の斜面はシートラ、薬師岳山荘の少し下で再びシール登高。

避難小屋跡にスキーをデポして、薬師岳頂上を往復。

P5034155_re

避難小屋跡まで戻り、西側斜面を滑りました。

P5034166_re

薬師平手前で、
重い雪 および 融雪による縦溝に足を取られ、転倒。
その際、右膝を
内側に ひねってしまい、痛みを生じました。

痛みはあるものの、頑張って薬師峠まで滑り、そこからはシートラ、上に出てからヒールフリー滑走で小屋まで、なんとか帰って来れました。

[2015/5/4] 太郎平小屋 7:00 --- 北ノ俣岳分岐下降点 8:40~55 --- 寺地山 11:05~20 --- 飛越トンネル 14:00~20 --- 駐車地点 === (帰宅)

テーピングで右膝をなるべく固定して出発。

下降点までは、ガスガスの中をシール登高。
膝への負担は軽い感じだがペースは全くあがらない。

稜線からの下降は、行きと同じく上部はシートラで。
北ノ俣避難小屋付近まではスキー滑降、そこからはシートラで。

なんとか自力下山することができました。
パートナーのお二人には 迷惑を掛けてしまいました。

受傷の程度

  • 右膝、内側側副靭帯損傷

考えられる要因

  • 最後まで緊張感を保つこと
    • う~ん・・・昨年の事もあり、気を付けているつもりだったのに・・・どうしたらいいのか、もっと考えなくては
  • 技術レベルの向上
    • とりあえずゲレンデが不足している
    • 少々の油断や悪雪では転ばないぐらいの技術を身に着けなければ、ということか
  • 装備の点検
    • 左はビンディング(ジルブレッタ404)が解放しましたが、右は開放しませんでした
    • 但し、左は そもそも板が雪に埋もれていなかった
    • 逆に、雪に埋まった右足こそ、解放作動してくれなくては…

■ 残念ながら、自分自身が『やらかす奴』だ、という自覚を強く持たないといけないようです。

|

« 焼岳(19. APR. 2015) | トップページ | おせわになりました »

山など」カテゴリの記事

山スキー」カテゴリの記事

山岳事故」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 薬師岳 山スキー(2-4. MAY. 2015):

« 焼岳(19. APR. 2015) | トップページ | おせわになりました »