« シーリングライトの交換 | トップページ | オオキノコムシ科の一種 »

竜、静、銚子(23. NOV. 2018)

鈴鹿の竜ヶ岳、静ヶ岳、銚子岳へ滋賀県側から行ってきました。
晩秋の山を楽しむはずが、初冬の雪山を味わってきました。

小雨降る中を出発し、太ましい?尾根を緩やかに登って1時間半ほどで太尾。

Pb231264_tr_300px
砂ザレを経て稜線に向けた急登の途中で、雨から雪に変わり、

Pb231269_tr_w300
竜ヶ岳山頂はすっかり雪景色でした。

Pb231275_tr_h400px
八田峠分岐からは先行者もなく、新雪を楽しみました。

Pb231284_tr_600px
セキオノコバ付近の池。

Pb231293_tr_300px
銚子岳を往復して、

Pb231316_tr_h400
静ヶ岳に戻り、南西尾根から下山。

Pb231321_tr_300px
雪と濡れ落葉で滑りやすい尾根を慎重に下り、

Pb231337_tr_w800px
最後は落葉を踏みしめて、茶屋川林道へ下山しました。

静ヶ岳山頂にいくつかある標識のうち、画像右側の標柱に「昭和五十二年四月(以下判読できず)」と書いてありました。
1982年に、宇賀渓~竜~静~銚子~八田峠~青川峡と歩いているのですが、当時からあったのかと思うと、感慨深いものがありました。
(当時の景色や標柱のことは、全く覚えていませんでした)

|

« シーリングライトの交換 | トップページ | オオキノコムシ科の一種 »

山など」カテゴリの記事

雪山」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 竜、静、銚子(23. NOV. 2018):

« シーリングライトの交換 | トップページ | オオキノコムシ科の一種 »