« コガモ | トップページ | また見れたヌートリア »

スズメとカモ

その1.スズメの寿命は?

山階鳥類研究所のウェブサイトに、鳥類標識調査における日本の野鳥の最長の生存期間について紹介されていました。

  • 生理的寿命
    • 大切に飼育したスズメは、15年程度は生きることがあるそうです
  • 生態的寿命
    • 平均値:スズメ程度の大きさの小鳥では1年未満であるのが普通です
    • 標識調査での最長期間生存例:スズメ 8年1
山階鳥研ニュース(2020年11月):日本の野鳥の最長の生存期間のまとめより

しかし、生き物の寿命は単純明快に○○年と言い切れるものではない、ということを再度認識しました。

P2280089_re3_w120

 

その2.カモは、夜どうしているのか?

バードリサーチのウェブサイトに、カモ類の夜の行動をGPS発信器を使って明らかにした研究について紹介されていました。

  • カモ類の多くは夜行性
    • オオハクチョウは昼行性
    • オナガガモは昼行性、夜行性いずれの特徴も見られる
    • マガモは夜行性
バードリサーチニュース(2018年5月):オオハクチョウ,カモ類の環境選択(植田睦之)より

Dscn4498_re_w180 Dscn6662-2-w120 P1000330_re_w120

|

« コガモ | トップページ | また見れたヌートリア »

」カテゴリの記事

調べてみました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« コガモ | トップページ | また見れたヌートリア »