« 女王アリの飼育―働きアリが羽化しました | トップページ | アイスホッケー、女子世界選手権開催中 »

小鳥の死骸(エゾムシクイ?)

エゾムシクイ?(24. AUG. 2021 撮影)
トラツグミキビタキ♀?が死んでいたのとは別の場所ですが、全面ガラスの外側で死んでいました。

緑褐色で小さく(全長約11cm)、眉斑が目立つので、直感的にはムシクイ類と思いました。
過去に、センダイムシクイは見たことがありますが、鳴いているからわかっただけでした。
今回の鳥には頭央線が認められないので、センダイムシクイではなさそうです。

以前も参考にさせて頂いた、大阪南港野鳥園のサイトには、

  • エゾムシクイ
    • 頭央線のない頭頂部は暗灰褐色
    • 背上面は緑褐色で色調に差がある
    • 大雨覆と中雨覆の先が黄白色な1-2本の翼帯がある
    • 下面は汚白色で黄色味は感じない
    • 足は明るめの肉色

大阪南港野鳥園ウェブサイト管理人室medaichiのブログ, 投稿日 2019-04-20:エゾムシクイとか・・・より

とありました。

Img_8966_re-w480
翼帯もありそうだし、エゾムシクイかなと思いました。

|

« 女王アリの飼育―働きアリが羽化しました | トップページ | アイスホッケー、女子世界選手権開催中 »

」カテゴリの記事

調べてみました」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 女王アリの飼育―働きアリが羽化しました | トップページ | アイスホッケー、女子世界選手権開催中 »