生き物・自然

スイレン 2023

Img_7775_2w480

スイレンが咲きました。
メダカも元気です。

| | コメント (0)

長靴新調

Img_7097_trim_w240
やられちまったので、長靴を新調しました。

| | コメント (0)

ヒメコウゾかな?

Img_4193_2sq640
このあと、食べてみました。
美味しかった。
ジャムにしたら良さそうだけど、一斉にたくさん収穫するのは難しそう。
いい手はないかな…?

| | コメント (0)

「ヒルは木から落ちてこない。 ぼくらのヤマビル研究記」を読んで

樋口 大良、子どもヤマビル研究会,2021,ヒルは木から落ちてこない。 ぼくらのヤマビル研究記(山と渓谷社)を読んで

  • たしかに、ヤマビルが木から落ちてくるところは、自分も見たことはありません
    • ヤマビルが木の上にいるところも、見たことありません
  • ヤマビルがカエルから吸血するということは知りませんでした
  • ポイズンリムーバーを使うという発想はなかった
    • 次にヒルにやられたら、使ってみたいと思います

Img_0979-2_sq24020040725
ヤマビル(2004/7/25, 宮妻峡)
葉っぱの上にヒルを置いた、やらせ写真です

| | コメント (0)

山で出会ったキノコ

Pa083643_2_sq240
登りにて
ヌメリスギタケらしい
2022-10-08撮影

Pa093850_22_sq240
下りで
サンゴハリタケの一種?
2022-10-09撮影

| | コメント (0)

シラタマホシクサかな

Dscn8538_2_sq480
近くの某所にて
シラタマホシクサかな

| | コメント (0)

オオトカゲ!?

Dscn8303_22_w640
某道端にて
60~70 cmぐらい
ワニではない
ペット逃げか、ペット捨てか?

サバンナオオトカゲ?

| | コメント (0)

2022 GW山スキー その1 放山(29. APR. 2022)

2人パーティーで、頸城山塊、焼山北面周辺へ行ってきました。

2022/4/28 約4時間かけて、道の駅マリンドーム能生へ。

2022/4/29 曇のち雨

シャルマン火打スキー場から放山へ。
スキー場で備付け様式の登山届に記入して提出。

P42932132_w420
曇天でしたが、放山山頂からは焼山北面台地の状況を観察することが出来ました。
雪は、4年前よりは多そうでした。

さて、往復ルートでスキー場へ戻る途中からスキー板が全く走らなくなり、危険を感じるほどでした。

P4293218_2_w240
板を脱いでみると、滑走面になにやらネバネバとした物質がゴテゴテと付着していました。
スクレーパー的なものでこそげ落とそうとしましたが、取り切れません。
あきらめてシートラでスキー場に戻りました。
スキー場を滑っているうちに、雨が本降りになりました。

※ スキーに付着したネバネバ物質について。

P4293223_22_w240
現場にブナの芽鱗(がりん)が多数落ちていたので、最初はブナのヤニだと思いました。
帰宅後、webを検索してみると、

雪氷藻類という残雪融解時に活動する微生物が花粉分泌物を分解し、フミン酸等の有機堆積物となり、それがこの汚れの原因と考えられるとのこと。

と書いてあるサイトがありました。
→「YAHOO知恵袋」内、Q: han********さん、A: coo********さん
→「山と自転車inみちのく:20220424月山縦滑走」ワカポンさん

また、雪面が赤くなる「赤雪」という状態も、雪氷藻類によるものだそうです。
→「サラリーマンスキーヤーの日常」さん
→「赤く染まる雪の謎と低温環境で生きる微生物」北海道大学低温科学研究所、福井学教授

確かにところどころ雪面が赤かったです。

P4293205_22_w480
画像を無理やり調整すると、雪面凹部の赤さがそれっぽくなりました。

これがファイナルアンサーかな?

| | コメント (0)

卵なのか?

卵から孵化する?ヒルガタワムシ類?
卵様の物体を水に入れたら、すぐに中から出てきて動きはじめました。
ヒルガタワムシ類かなぁ?
しかし、卵だとしても、どうやってあそこに産んだのだろう??

| | コメント (0)

小さいムシと大きい虫

カニムシの一種
カニムシの一種
小さいけどかっこいい。

ゴマダラカミキリ
ゴマダラカミキリ
カーテンにとまるゴマダラカミキリをクライマーに見立てるも、登ってる感のある画像にはなりませんでした。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧