雪山

2023 GW山スキー その1 イグルー失敗@小日向のコル(2. MAY. 2023)

単独で、北アルプス、白馬鑓方面へ行ってきました。

P5020379_2sq640p
6:27 猿倉駐車場からの白馬岳
駐車場横の林道?から歩き出してしまい、だいぶ登ってからザックを置いて猿倉荘に戻って登山届を出しました。

P5020410_2sq640
小日向のコルの、鑓温泉へのメインルートから少し離れたところを本日の宿と定め、イグルー作りに挑戦しました。
作成途中、45分経過時点の画像です
大きいブロックは、全然切り出せません

P5020413_2sq6401
イグルー完成!? 約2時間かかりました
とても天井を塞げそうになかったのですが、小枝の活用を思い出して、何とか天井をふさぐことができました。

P5020430_2 
イグルー作成後、小日向山へ。
上空に、ワシタカの仲間が3羽飛んでいました。

P5020436_2sq640
小日向山から戻り、イグルーに入って休んでいると…

Img_6881_2sq640
イグルーが崩れてしまいました。

Img_6884_2sq640
もう一度イグルーを作り直す元気はなく、速攻でテントを張りました。

  • 2023/5/1; 約5時間かけて猿倉へ
  • 2023/5/2; 猿倉 7:30 … 小日向のコル 10:10 BC
    • 出だしはシートラ、猿倉台地下部からシール登高
  • BC 13:15 … 小日向山 13:40~14:10 … BC14:25
  • イグルーに挑戦できて良かったです
    • 大きいブロックを切り出せるように精進したい
    • 気温が高いせいか、内部にポタポタと水滴が落ちてきていました
    • イグルーの内部が狭かった?
      崩壊しなかったとしても、ギリギリ1人用サイズだった
      もう少し床を掘り下げ、底面積を広げるべきたっだか?
    • またやってみたい

| | コメント (0)

銀杏峰(26. FEB. 2023)

P2264452_2_sq240
雪がちらつく中、出発

P2264479_2_sq240
前山付近で一瞬日が差すも、

P2264489_2_sq240
山頂一帯は風が強くホワイトアウト状態だったので、頂上手前で撤退しました。
先行された皆様、トレースありがとうございました m(_ _)m

P2264498_2_sq240
大野盆地も曇だったのかな。

| | コメント (0)

アイゼンのパーツ交換

一世を風靡したカジタのアイゼン。
梶田製作所が廃業して久しいのですが、この度、前後をつなぐパーツ(ジョイント)を入手しました。

Img_6245_2_w300
上側が、今回入手した Lサイズ、
下側が、元々ついていた Mサイズのジョイントです。

P2184424_2_w300
無事交換できたので、まだまだこのアイゼンを大事に使う予定です。

| | コメント (0)

雪崩ビーコン練習ドリル

ポチポチとネットを見ていたら、たどり着きました。

雪崩ビーコンには二つの役目があります。一つは、仲間を生存救出するため、二つ目は、捜索救助に係わる第三者の「安全」と「労力軽減」のため。(上記日本雪崩ネットワーク記事より)

ビーコン、買い替えてもいないし、最後に捜索練習をしたのはいつのことやら。
それでも、無いよりましと思って装着していますが…

せめて、イメージだけでも勉強しておこう。

| | コメント (0)

いつかはイグルー、そして戦争の歴史(二つの収容所)

山中泊における憧れは『タープの下で焚き火、そしてゴロ寝』でした。
これは2019年に実現しました。

もう一つの憧れが『テントを持たずにイグルー泊』です。
イグルー作りは、昔、1回だけ挑戦したことがありますが、5人で2時間かけて作ったものの、結局テント泊でした。

Img_e3444_2_h240
雪のブロックが小さすぎですよねぇ。

Img_3453_2_sq240
翌日昼、イグルーの上に乗ってみました。最終的には5人乗っても壊れませんでした。

 

 

さて、イグルー泊といったら米山悟さん。
サイトを見て、その気だけは高めているのですが、なかなか実行に移せません。

2022.02.23の記事『日本で初めてのイグルー1940年・宮沢弘幸氏の命日は2/22』を読んでいると、日高山脈ペテガリ岳の冬季初登(1943年1月、北大山岳部)はイグルーを使って成し遂げられたこと、そこには当時北大にいたイタリア人フォスコ・マライーニ氏の影響が大きかった、とありました。
そして、そのマライーニ氏は、戦時中に名古屋郊外にあった外国人捕虜強制収容所に一家で抑留されていたとのことでした。
ネットで検索してみると、自分の知っている捕虜収容所(名古屋俘虜収容所第2分所 )には兵士軍人が収容されていたのに対し、マライーニ氏は敵国民間人抑留所に、枢軸国を離脱したイタリア人として抑留されていたそうです。
この抑留所は、松坂屋(名古屋の百貨店)の社員保養所「天白寮」(愛知郡天白村(現名古屋市天白区))を接収して愛知県に新設された抑留所だとのこと。
その後、空襲の激化に伴い抑留所は西加茂郡石野村(現豊田市)の廣済寺(広済寺)に疎開移転したとのことです。

まとめきれませんが、色々知らないことだらけでした。

| | コメント (0)

千畳敷カールの雪崩【日本雪崩ネットワーク】

2021年3月14日に中央アルプス千畳敷カールで発生した雪崩事故について、日本雪崩ネットワークによる調査速報がアップされていました。

【調査速報】210314宝剣岳千畳敷カール・雪崩事故|日本雪崩ネットワーク

なんと、完全埋没者(埋没深約 1 m)は、ビーコン捜索で 5 分ほどで発見されたとのことです。

中央アルプス千畳敷カールへは、かつては毎年のように雪訓などで訪れていました。
今はすっかり足が遠のいており、積雪期の千畳敷に訪れたのは、2004年1月の三ノ沢岳が最後のようです。

0401snsw01
(三ノ沢岳付近(2004))

当時、千畳敷~極楽平間の登降にあたり、雪崩を警戒する気持ちはあったつもりですが、ビーコンはまだ持っていなかったはず。
弱層テストは、やったかなぁ…? やらなかったかなぁ…?

| | コメント (0)

御小屋尾根-阿弥陀岳(23-24. FEB. 2020)

2020/2/23

P2231860-2-sq300
夕暮れの阿弥陀岳。

2020/2/24

絶好の好天の下、無事阿弥陀岳を往復しました。

P2241945-2-sq300
テン場に戻ると、木にできたつららから水が滴り落ちていました。

| | コメント (0)

問題を検証するって難しいですね

昨日開催された、所属山岳会の加盟団体による春山合宿遭対報告会議に出席し、GWに行われた各山岳会の合宿の報告を聞いてきました。
以下は、各山岳会の報告を聞いた、自分個人の感想です。

  1. 吹雪の中でのテント設営時に1人が低体温症になったとのこと!
    幸い、翌日には回復されたとのことでした。
    自分が気になったのは、以下の点でした。
    • 「素人なりに低体温症から回復したように見える」場合に、
      →登山活動を続行して大丈夫か?
      →この場合、リスクとして把握すべきことは何か?
    • 仮のケースとして「低体温症になったメンバーがいることをテント設営直後に気付いた、そして条件として山小屋が30分ほどの所にある(正常時の所要時間)」とした場合、
      →低体温症の人は動かさない方が良いとして、テント内で対応するか?
      →両脇を抱える等、ちょっと無理をしてでも山小屋まで移動してから対応した方が良いのか?
      →ケースバイケースなのでしょうが、どちらの判断をするにしても目安となる考え方はあるのか?
  2. ガスコンロ点火時に炎が上がったとのこと。
    コンロとカートリッジ(個体)との相性か?などの話も出ましたが、コンロが新しいものではないとのことだったので、コンロのOリング劣化が原因でないか?との話になりました。
    自分もその席では納得して聞いていましたが、「炎が上がった際、ガスコンロの火力調節つまみを閉じて火を消した」との話があったことを思い出しました。
    つまみを閉じて火が消えたなら、コンロとカートリッジの接続の問題でなく、コンロ内部に原因があったのでは…
    最終結論は、コンロ買替一択なのでしょうが、それでは再発防止につながらないような気もします。
    問題を検証するって難しいですね。

  3. 自分達の山行については、天候に恵まれ順調な山行だったので、質疑等はほどほどでした。
    その中で、またもや「『シートラ』ってなんですか?」と聞かれました。
    それなりに答えましたが、忘備の為 過去ログに書き加えておきました。

| | コメント (0)

竜、静、銚子(23. NOV. 2018)

鈴鹿の竜ヶ岳、静ヶ岳、銚子岳へ滋賀県側から行ってきました。
晩秋の山を楽しむはずが、初冬の雪山を味わってきました。

小雨降る中を出発し、太ましい?尾根を緩やかに登って1時間半ほどで太尾。

Pb231264_tr_300px
砂ザレを経て稜線に向けた急登の途中で、雨から雪に変わり、

Pb231269_tr_w300
竜ヶ岳山頂はすっかり雪景色でした。

Pb231275_tr_h400px
八田峠分岐からは先行者もなく、新雪を楽しみました。

Pb231284_tr_600px
セキオノコバ付近の池。

Pb231293_tr_300px
銚子岳を往復して、

Pb231316_tr_h400
静ヶ岳に戻り、南西尾根から下山。

Pb231321_tr_300px
雪と濡れ落葉で滑りやすい尾根を慎重に下り、

Pb231337_tr_w800px
最後は落葉を踏みしめて、茶屋川林道へ下山しました。

静ヶ岳山頂にいくつかある標識のうち、画像右側の標柱に「昭和五十二年四月(以下判読できず)」と書いてありました。
1982年に、宇賀渓~竜~静~銚子~八田峠~青川峡と歩いているのですが、当時からあったのかと思うと、感慨深いものがありました。
(当時の景色や標柱のことは、全く覚えていませんでした)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

県界尾根(24-25. FEB. 2018)

5人パーティー

2018/2/24
大天狗手前まで。

2018/2/25

P2259435_re_2
大天狗付近からの赤岳。
出発時には晴れていましたが…

P2259442_re_2
大天狗にて。

P2259458_re_2
ハシゴを越えたあたり。
曇り空、断続的に風。
手が冷えました。

P2259493_re_2
テント撤収して下山途中に、カモシカを見ることができました。

P2259500_re_2
樹皮を食べていたようでした。

  • 2018/2/24 登山口 10:50 … 標高2,295m付近 C1 15:30
  • 2018/2/25 C1 7:00 … 赤岳 11:15~45 … C1 14:00~30 … 登山口 … 17:00

| | コメント (0) | トラックバック (0)